ラッキョウ収穫、ラッキョウ漬け

らっきょうを収穫し塩漬け。
もう少し畑においてもよいが、葉が枯れると草に埋もれて分からなくなるかもしれないので収穫。
草とりをさぼったので小ぶりのが多い。でも無肥料の自然栽培なので美味しいですよ。
3Kgくらいあるかな。
収穫して放っておくとすぐ青くなってしまう。かといってすぐ下ごしらえをして漬けるのは大変。
さっと洗って、薄皮も剥かず、根がついたまま塩漬けにして、本漬けのときにゆっくりと下ごしらえすればよい、と姉から良いヒントともらった。ということで荒っぽく塩漬けにしたのがこの写真。寸胴一杯あります。らっきょう漬け1年分です。
塩は300gくらい入れたかな。酢を200CCのみ、これしかなかったので。
酢は塩漬け段階でははぶけないかな。どうせ汁は捨てることになるので。
2015-06-14 22.13.03
塩の量はらっきょうの10%重量。酢は1/3,水2/3と覚える。以下のサイトを参考にした。
ラッキョウの漬け方

三つ編みニンニク

ニンニクの残りを収穫しました。先に収穫した分は茎を切り落としてしまいましたが、たくさんのニンニクを編み込んだものをどこかで見たのを思い出し、やってみようと思い、茎を切らずに残してあります。
まずは、ニンニクを掘り出したらすぐ根を切って薄皮を剥いてしまいます。乾くと剥きにくくなってしまいます。そうすると泥だらけのニンニクが真っ白になり見違えるようです。

皮をむいたニンニク
皮をむいたニンニク

さてニンニクを編み込むにはどうしたらよいか。ワイフに三つ編みの仕方を教わり、これでいこうと思ったがニンニクは3個以上あり、どうすれば良いのか迷った。4つ編み、5つ編み…ってどうすればよいの?しばし考えて、何本あっても3本の組に束ねればよいことに気づいた。
最初の三つ編み
最初の三つ編み

う~んへんだな。そうか、いっぺんに編み込まないで、編みながらニンニクを足していけばよいのだな。その結果の作品がこれ。
三つ編みにんにく
三つ編みにんにく

もう茎付きにんにくがなくなってしまったので、これでおしまい。お勝手の天井にこの様につってあります。来年は、もっと美しい作品を作るぞ。
吊して保存
吊して保存

踏み込み温床で苗作り


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function split() in /home/fluteywinds/fluteywinds.com/public_html/sweet/wp-content/plugins/isbn_anchor/isbn_anchor.php:191 Stack trace: #0 /home/fluteywinds/fluteywinds.com/public_html/sweet/wp-content/plugins/isbn_anchor/isbn_anchor.php(183): isbn_anchor_link('isbn:978-454010...', '') #1 [internal function]: isbn_anchor_replace(Array) #2 /home/fluteywinds/fluteywinds.com/public_html/sweet/wp-content/plugins/isbn_anchor/isbn_anchor.php(175): preg_replace_callback('/<a +href="((?:...', 'isbn_anchor_rep...', '<a href="http:/...') #3 /home/fluteywinds/fluteywinds.com/public_html/sweet/wp-includes/class-wp-hook.php(287): isbn_anchor('<a href="http:/...') #4 /home/fluteywinds/fluteywinds.com/public_html/sweet/wp-includes/plugin.php(206): WP_Hook->apply_filters('<a href="http:/...', Array) #5 /home/fluteywinds/fluteywinds.com/public_html/sweet/wp-includes/post-template.php(253): apply_filters('the_content', '<a href="http:/...') #6 /home/fluteywinds/fluteywinds.com/public_html/swee in /home/fluteywinds/fluteywinds.com/public_html/sweet/wp-content/plugins/isbn_anchor/isbn_anchor.php on line 191